九州支部

セミナー&活動レポート

キッチンスペシャリストセミナー&交流会2015

2015.02.16

【テーマ】キッチン提案に役立つインテリアコーディネートを学ぼう

●開催日 2015年3月11日水曜日 受付 14時20分から
●会 場 ホテルオークラ福岡 3階会場
●参加費 1,000円
●定 員 50名(先着順)

インテリアショールーム体験バスツアー2012報告レポート

2012.11.30

当日の様子
当日の様子
当日の様子
当日の様子
実施日 平成24年11月8日木曜日
実施概要 ヒット住宅展示場と福岡近郊のインテリアショールームを1日かけて回るバスツアー
詳細はこちら

午前10:30好天に恵まれた秋空の中、博多駅前を出発。
一般消費者へインテリアコーディネーターの存在を知らしめる目的と会員企業のショールームPRを兼ねたイベントも今年で8回目。

一般消費者100名。参加会員企業12社。インテリアコーディネーター及び各委員会(添乗員として20名)。
AコースからDコースまでの4台のバスに分乗し各ショールームを見学。初の試みとして地元デベロッパーの協力を得、ハウスメーカーの展示場も加えました。

各コースには、ベテランのICと新人のICをペアーに組んで貰い参加者からの質疑に答えられるようにしました。
新人のICにとっては、初デビューで緊張したのでは?

消費者からのアンケートを頂きましたが、「ショールームがこんなに消費者に便利な存在だったとは」の感想を頂いています。

当日、お手伝い頂きました福岡コーディネーター協会の方々及び支部会員企業の皆様有難うございました。

平成24年度九州インテリアコーディネーター協会協議会が開催されました

2012.06.27

九州支部 事務局長 河村 雄三

平成24年度九州インテリアコーディネーター協会協議会が、6月21日(木)熊本にて開催されました。
九州支部からは、IC交流委員会より森田委員長(TOSO支店長)・渡辺副委員長(フジエテキスタイル支店長)事業委員会上野委員長(アスワン支店長)そして、事務局として私河村が出席してまいりました。

鹿児島・宮崎・熊本・大分・長崎・福岡の各県の代表者が出席しての会議です。
平成21年に発足しましたので、まだ4年目ですが、毎年3月にTICの当日に九州ブロック会議を福岡にて開催してましたので、そこから数えると20年近くになります。

私も20数年事務局を預かってきましたが、「九州は一つ」の合言葉のもとに、こんなにまで発展していただけるとは予想も出来ませんでした。
嬉しい限りです。

イン産協本部のご指導のもと、各県のIC団体を誕生させICの資質向上を目指して共に発展していこうとの熱い思いで今日まで走ってきたように思います。

支部事務局としましては、相互の情報交換がなされICの資質アップの向上につながり、社会的地位の確立に繋がっていくものと信じ、応援を惜しまないつもりです。
この事は、ICの受験者の低下防止にも繋がり彼らの活動を大いに期待したいところです。

トータルインテリアキャンペーン2012 開催レポート

2012.05.16

<3月14日(水) 西鉄グランドホテルにて開催>
今年も年間最大のイベントであるトータルインテリアキャンペーンが無事終了いたしました。
当日は新合格者(30名)含む、約200名ほどの参加者が御来場致しました。

第1部は、プレゼンコンサルタント天野暢子氏による基調セミナー
「話さず決める!プレゼン~視覚に訴えて、相手を動かす~」
では、「プレゼンは上手に話すことではない」をモットーに、ビジュアルに訴え直感させて「勝つ!プレゼン」 指導を展開されており、実務に直結する興味深いテーマにご参加の方々も大変熱心に聴講されておりました。

 

 

第2部は恒例のビジネスマッチングとして会員企業のブースが所狭しと軒を連ね、インテリアコーディネーターの方との活発な交流の場となりました。例年、情報交換の貴重な場として定着しております。

 

 

第3部では、経済産業大臣賞受賞者表彰、第29回IC資格試験、第24回KS資格試験合格者紹介が行なわれました。懇親会では美味しい料理やお楽しみ抽選会もあり、和やかに意見交換や新たな出会いの場となっておりました。

 

 

当日は上記のプログラム以外に、九州管内の各インテリアコーディネーター協会と九州支部事務局及び各委員長とのブロック会議も行われ、活発な意見交換が行なわれました。

インテリアショールーム体験バスツアーに参加して。

2012.05.16

インテリアコーディネーター 堀川ゆかり

 

私は、アダル→イアラ→パナソニック電工→フランスベッド→ディアコレクション→フジエテキスタイルを回るコースに参加させてもらいました。
それ以外のコースも、家具・住宅設備機器・ファブリック・照明と、インテリア関連のショールームが1日で見る事が出来き、お客様にとって、とてもお得なプランだったと思います。
各企業さんとも、盛りだくさんの内容で、お客様を飽きさせない工夫がなされていました。中でも実際に実験したものを見たり、お客様に体感してもらう体験型の見学が、心に残りました。
例えば、イアラさんでは汚れが落ちやすい壁紙の実験をみせていただき、どれ位落ちやすいのか実際に見ると大変納得できます。

フランスベッドさんでは、自分の体を測定してもらい、『どのタイプのマットレスが合うのか』『固いのが良いのか』『柔らか目の物が良いのか』など、タイプを調べて自分に合うマットレスに実際に寝る体験が、とても参考になりました。

同行したお客さまも、自分で納得できた事は、後日知人に体験談として話をされたり、今度は友達を誘ってショールームに行こうと思ってもらえたりしたようです。
来年もまた参加しようと言う思いにつながるのではないかと言う気がしました。

またお客様に足を運んでもらうと言う事では、アダルさんのお土産が面白いと思います。
どのショールームも、お客様に渡すお土産が用意されているのですが、アダルさんは折りたたみ式のイスがお土産でした。
当日、持ち帰られない人には引換券が渡され、後日またショールームへお越し頂き引換券とイスを交換してもらうシステムは、良く考えられていると勉強になりました。

私達インテリアコーディネーターは、このツアーではお客様からのご質問にお答えすると言う事で参加させてもらったのですが、コミュニケーション不足から か、さほど質問をされる事もなく終わりました。でも、お客様からは「コーディネーターの話を聞きたかった。」との声もあがっていましたので、お客様がイン テリアにもっと興味を持って、色々な質問をして頂ける様に工夫をしなければならないと反省しています。

全体を通して、とても有意義な体験バスツアーだと思います。
来年は今年以上に盛り上げて、例年通りこれからもずっと継続出来るツアーになる様に、努力と工夫と協力をし続けなければならないと思いました。

 

興味津々な参加者 話を聞く参加者
興味津々に商品を見て回る参加者の皆様 スタッフの説明に真剣な表情で耳を傾ける

インテリアショールーム体験バスツアー レポート

2012.05.16

福岡インテリアコーディネーター協会 片岡一法

 

去る10月13日(木)、穏やかな秋晴れの空のもと、90名弱のお客様にお集まりいただき、2011年インテリアショールーム体験バスツアーが、開催されました。

事前に打ち合わせたとおり、朝9時過ぎには、集合場所である天神中央公園に、事業委員、インテリアコーディネーターの方々が集まり、6つのグループに分かれて、お客様を迎える準備に入りました。

来られたお客様から、随時、受付をしていただき、予定時刻の10時には、バス6台が、それぞれ最初の訪問先のショールームに向けて出発。

今回、各コースには、事業委員、2名と、インテリアコーディネーター、2名が乗り込み、お客様をサポートする体制が取られました。各バスに添乗したコー ディネーター2名のうち1名は、昨年、新しくコーディネーターの資格を取られた方で、新人コーディネーターにとっては、お客様とご一緒させていただく中 で、お手伝いもしながら、また、お客様の生の声も聞くことができ、そういった意味でも、実り多いバスツアーとなったようです。

バスの中では、事業委員の方から、その日のスケジュールの説明、アンケートへの協力のお願いなど、ひととおり話しがあり、お客様もしっかり聞いていただいていたようで、全体の行程は、各グループとも、とてもスムーズだったと思います。

また、私が同乗させていただいたコースでは、伺ったお店の商品を実際にご購入されたり、また購入に向けてのかなり具体的なお話があったりと、今回のバスツ アーが、お客様とそれぞれのお店、そして商品とをつなぐ橋渡しの役割をきちんと果たしていることが実感でき、とても嬉しく感じたことでありました。

午前中、2箇所のショールームを見学したあとは、今回、グランドハイアット福岡とハイアットリージェンシーの2箇所に分かれて、お客様、スタッフ揃って、 昼食をいただきました。 コースにより、お客様とスタッフが同じテーブルで食事をとっていたところと、スタッフのみ別テーブルで食事をとっていたところがあった1ようで、次回以降 は、スタッフもお客様の間に入って、食事を取る形に統一した方が、リラックスした雰囲気の中で、午前中の感想、インテリアについての疑問など、いろんな話 が出来るのでは、と考えます。

例年同様、今回もひとつのコースの中で、計5、6箇所のショールームを見学させていただきましたが、そのお店、商品に、興味を持っていただいたお客様に とっては、ショールームの滞在時間という点で少し物足りなさが残ったようです。バスツアー終了後に回収させていただいた、アンケートでも、そのような回答 がいくつか見受けられました。

今回、会員企業様それぞれの商品の良さに、実際に触れていただき、もっと見たい、もっと知りたいと感じていただいたお客様が数多くおられたことは、なによりの収穫であったと思います。
事業委員、コーディネーターの皆さんは、忙しい仕事の合間をぬって、それぞれの立場で、今回のバスツアーに、丁寧に、関わっていただきました。天候にも恵まれ、また、最後、笑顔のお客様を見送ることが出来たのは、とても充実した気持ちを感じさせてくれるものでありました。

 

天気は良好! グループに分かれて集合
幸いにも天候に恵まれ、穏やかな秋晴れの空のもと開催されたバスツアー 6つのグループに分かれて、お客様を迎えする様子